カテゴリー
増大コラム

「意外!アルコールは中折れの原因のひとつだった!」

晩酌でちょっと多めに飲んだ日は、いつもより勃起に勢いが無いと感じている方も多いと思います。

アルコールは適量であれば血管を拡張させますから、血行がよくなると高まる勃起力にはプラスの効果があると考えがちですが、そうではありません。

実際のところアルコールは勃起を妨げる作用があるんです。

なぜアルコールで勃起不全の症状が発生するのか?原因はアルコールを飲んだ後に起きる体内の変化にあります。

ひとつはアルコールの作用で副交感神経が上手く機能しなくなるため、もうひとつは体にとって毒であるアルコールを分解するために勃起に必要な物質を消費してしまうためです。それぞれについて解説していきます。

「乗るなら飲むな」は飲酒運転防止のキャッチコピーです、これは飲酒により脳の機能が著しく低下するので運転は控えようということなのですが、つまりお酒は脳の神経系の機能をダメにするわけです。

勃起という現象は脳が性的刺激を受けて海綿体に血流量を増やす命令を出すことで起きます。脳の機能が低下すると性的刺激が脳に伝達されにくくなるのと同時に、脳が海綿体に命令を上手く出せなくなるため十分勃起できません。

さらに飲酒による血管の拡張は体のいたるところで起きるので、結果として海綿体に流れ込む血流が減ってしまいます。

このようにアルコールは飲むとすぐに勃起力に悪影響を及ぼします。

さらに飲酒習慣がある場合は注意が必要です。継続した勃起力減退のリスクがあります。体がアルコールを分解するのに体内の酵素を使います。

そしてこの酵素を活性化するのに必要なのが亜鉛です。

亜鉛は精子の量に強い関係があると言われるミネラルで、不足すると勃起力低下のみならず生殖機能の低下にもつながりかねません。

慢性的に低下した勃起力を回復させるのには時間がかかりますから、普段からのアルコールとの付き合い方が重要になってきます。

勃起力に最も効果的なのはアルコールを絶つことですが、これは難しい方も多いでしょう。さらに酒の席をすべて断ってしまっては女性との出会いも減ってしまいます。

そこで、どれだけ飲めば勃起力に影響がでるか確認しておきましょう。限界量を知っておけば、それ以下に抑えることで出会いのチャンスもその後のセックスもものにできます。

最後にアルコールを飲んだ後にできる勃起力低下予防法と、日頃の予防法について説明したいと思います。

まず飲んだ後にできる対処法としてはアルコールを少しでも体から抜くことです。そのために水を積極的に飲みましょう。

尿から排出されるアルコールは摂取量の2%以下と少ないですが出さないよりはマシです。またグレープフルーツは体がアルコールを分解するのを助けてくれます。

お酒を飲んだところでメニューあれば注文しましょう。無い場合はコンビニでカットフルーツを買うことも出来ます。

日頃の予防策として有効なのは亜鉛サプリを摂取して体がアルコール分解による亜鉛不足を起こさないようにすることです。

最近はコンビニで手軽に買えるので是非やってみてください。実は中折れには天敵だったアルコール。しかし仕組みと対策を知った今なら対処は難しくないでしょう。

ですが健康的な勃起力を維持することを最優先するならアルコールは最小限に抑えるのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です