カテゴリー
増大コラム

チントレの効果はずっと続く?

チントレの効果は一生涯なのだろうか?

 

男性性器を増大させる効果的なやり方として、チントレをお伝えしているが、 この頃はチントレに関して否定的な感想がある人も現れているようだ。 これに関しては、チントレで1回増大がうまく行っても、 チントレをやめてしまったら最初のサイズに元通りになってしまうかもしれないというわけだ。 さしあたってこの問いについて回答しよう。 チントレをあきらめてしまったからといって、 性器最初のサイズに戻ってしまうことはありません! 一回でもチントレで大きなサイズにした男性性器は死ぬまでの財産になるわけだ! からきし危惧する必要はありません! では、なぜこのような内容のクエスチョンがもたらされてしまったのか?

チントレとトレーニングの効果効用が異なるところ

まず、チントレを終了したらペニスがしぼんでしまうと感じているのは、 チントレがトレーニングと似たようなもので、チントレをしている継続期間のみ効き目があると思っている人である。 これは私自らが「チントレはワークアウトと同様のメカニズムだ!」と高らかにアピールしてしまっているので、 私にも間違いなく責務があるかも知れない。 細かい部分までお話しすると、チントレとワークアウトでは増幅時のシステムが異なってくる。 それは、肥大化の相違だ。 まず、筋トレで筋肉がぶっとくなるからくりだ。 筋トレによって筋繊維にプレッシャーがかけられることが原因で、 筋繊維そのものがそのプレッシャーに我慢できるようにぶっとく、強くなっていくことで筋肥大が現れる。 この現象は筋肉の繊維そのものが増しているのではなく、 現在ある筋肉の繊維が一定期間だけぶっとくなっているだけです。 そのため、トレーニングをリタイアして、さほどの筋力が不要になると、 筋肉が細くなってしまうのだ。 ここが筋トレをリタイアしてしまうと、筋肉が元に戻ってしまうシステムだ。 そのように、チントレのペニス増幅プロセスは、筋トレでの筋肥大のメカニズムとは異なるのだ。 チントレのケースでは、そもそもある細胞がデカくなるのではなく、細胞の増殖をターゲットにしているからだ。 チントレで細胞自体に圧力、負荷を与える事によって細胞分裂を促進させていくことで、 細胞そのもののボリュームをアップさせていくことがチントレで性器が増大する重要なメカニズムだ。 もとより海綿体や亀頭は筋肉じゃなくって、 細胞に血が流れて行くことによって勃起という状態が発生しているので、 筋肉と同じ様な物で繊維そのものが力を入れる事で大きくなったりはしないのである。

小っちゃくなる危険性が無いということではありません。

先ほどの内容ではひとたびデカくなったペニスは縮小する事は無いといったが、 リスクが一切ないわけではない。 1つの例として、引っ張ることによって男性性器の長さを引き伸ばしたとしよう。 そういった場合、増大したペニスの長さは、細胞分裂などによって伸張した長さと、 そもそもカラダの中に埋まっていたペニスが引き出された長さの両者になる。 そのうち、カラダの中に入り込んでいたペニスは力ずくで引き出されたモノというわけで、 ペニスを固着させていたじん帯によって身体の内側に引き戻されてしまうこともあり得る。 また、細胞も活用されなければだんだんと劣悪になっていく。 亀頭などの1回大きく育った細胞でも、結局のところ細胞が全く活用されないままであれば、 退化していってしまうことだって考えられるのだ。 そういうわけで、ムダに気にかけすぎる事はないが、 チントレがうまくいったあとになっても一定サイクルでチントレに取り組むようにすべき。 問題はない、伸張するときよりも一定間隔ごとの自己ケアは易しいこと請け合いです。 死ぬまでの相棒であるペニスのお手入れだとイメージすれば愉快になるぞ!

カテゴリー
増大コラム

精力不足でEDになり勃起力弱い理由

◆EDとは?  EDとは専門的にいえば「性交時にしっかりした勃起が見られないため、または望ましい勃起がキープできないため、満足な性交がすることができない状態」といわれています。バイアグラ等々の一般化により、EDのケアも一般になりましたが、いまだこっそり苦しんでいる人が多い病です。 性働き不全は、おとなの男性の10~15%に相当すると言われており、老化や疾病などによるカラダの起因と、ストレスなどの心理的ファクターの2つに分かれます。どちらの主因となっても、血のめぐりの低下が生じて、性機能不全の状況がし続けると、ゆっくりとペニスの血管が縮まりて筋肉細胞も縮小してしまうというわけです。すると、勃起は一層因難となって、それに加えてメンタル的重荷が重なり、ミスからおそれがもたらされ、あげくの果て性欲も性に関しての好奇心も失くしてしまうことになってきてしまう。 ◆身体的原因  身体的要因としては、さまざまな原因があげられます。1つには、尿道下裂などペニスの変型があります。また、脳卒中や頭部ケガ、脊髄外傷、骨盤臓器の手術後等々の神経系のトラブルが元凶の場合もあります。ペニスの血管の狭窄等によって血流量が減少することが原因と化しているかもしれません。脳下垂体や副腎、睾丸等々のホルモンを生成する臓器の異変でも発生します。 また、避けることのできない因子のひとつに加齢現象があります。精子をつくるメカニズムは30~40歳頃から老化現象が始まり、ホルモンをつくる機能もダウンしてきます。それによって、個人毎に差はありますが、勃起機能や射精力は次第に少なくなるため、勃起力も減衰します。 ◆心理的原因  新婚の際など、性知識が足りていなくて、性交渉をしくじったり、早漏であったりして、それ以後の性交に関して怖いという感情をもってしまい、性的欲望があったとしてもインサート時にしぼんでしまい、思い通りに行かないかも知れません。 インフォメーションいっぱいのこのごろ、不正確な情報にすがってしまったせいで、自分は女の人を充足させられないと信じ込み、自信喪失からEDに陥ってしまった紳士も少なくないのです。また、中間管理職など、圧倒的イライラ感に長い間見舞われると、副交感神経やホルモン分泌に影響力が及び、色欲が押し止められ、性行為なんてあり得るはずもなくとなってしまうこともあります。 ◆EDに効くには  EDの原因がカラダのからあったとしたら、その基本となる疾患のケアをすることが最優先です。手当てとしては、ビタミン剤(B1、B12、E)やホルモン剤を投与いたします。 それのみでもひどくない段階であったならば治りますが、このポイントで勃起リカバリーに結びついていないケースでは、オペ的にペニス海綿体のなかにシリコンを差し込むやり方も存在するのです。 メンタルな原因の場合、神経科で悩みを打ち明けたり、カウンセリングなどをしてもらい快方に向かうケースがありますが、そのきっかけも不明瞭なため、手当ての期間が長いきらいがあるようです。コンプレックスやひとりよがりが理由の可能性も高いので思い悩むことなくに、専門医で診てもらいましょう。

カテゴリー
増大コラム

「意外!アルコールは中折れの原因のひとつだった!」

晩酌でちょっと多めに飲んだ日は、いつもより勃起に勢いが無いと感じている方も多いと思います。

アルコールは適量であれば血管を拡張させますから、血行がよくなると高まる勃起力にはプラスの効果があると考えがちですが、そうではありません。

実際のところアルコールは勃起を妨げる作用があるんです。

なぜアルコールで勃起不全の症状が発生するのか?原因はアルコールを飲んだ後に起きる体内の変化にあります。

ひとつはアルコールの作用で副交感神経が上手く機能しなくなるため、もうひとつは体にとって毒であるアルコールを分解するために勃起に必要な物質を消費してしまうためです。それぞれについて解説していきます。

「乗るなら飲むな」は飲酒運転防止のキャッチコピーです、これは飲酒により脳の機能が著しく低下するので運転は控えようということなのですが、つまりお酒は脳の神経系の機能をダメにするわけです。

勃起という現象は脳が性的刺激を受けて海綿体に血流量を増やす命令を出すことで起きます。脳の機能が低下すると性的刺激が脳に伝達されにくくなるのと同時に、脳が海綿体に命令を上手く出せなくなるため十分勃起できません。

さらに飲酒による血管の拡張は体のいたるところで起きるので、結果として海綿体に流れ込む血流が減ってしまいます。

このようにアルコールは飲むとすぐに勃起力に悪影響を及ぼします。

さらに飲酒習慣がある場合は注意が必要です。継続した勃起力減退のリスクがあります。体がアルコールを分解するのに体内の酵素を使います。

そしてこの酵素を活性化するのに必要なのが亜鉛です。

亜鉛は精子の量に強い関係があると言われるミネラルで、不足すると勃起力低下のみならず生殖機能の低下にもつながりかねません。

慢性的に低下した勃起力を回復させるのには時間がかかりますから、普段からのアルコールとの付き合い方が重要になってきます。

勃起力に最も効果的なのはアルコールを絶つことですが、これは難しい方も多いでしょう。さらに酒の席をすべて断ってしまっては女性との出会いも減ってしまいます。

そこで、どれだけ飲めば勃起力に影響がでるか確認しておきましょう。限界量を知っておけば、それ以下に抑えることで出会いのチャンスもその後のセックスもものにできます。

最後にアルコールを飲んだ後にできる勃起力低下予防法と、日頃の予防法について説明したいと思います。

まず飲んだ後にできる対処法としてはアルコールを少しでも体から抜くことです。そのために水を積極的に飲みましょう。

尿から排出されるアルコールは摂取量の2%以下と少ないですが出さないよりはマシです。またグレープフルーツは体がアルコールを分解するのを助けてくれます。

お酒を飲んだところでメニューあれば注文しましょう。無い場合はコンビニでカットフルーツを買うことも出来ます。

日頃の予防策として有効なのは亜鉛サプリを摂取して体がアルコール分解による亜鉛不足を起こさないようにすることです。

最近はコンビニで手軽に買えるので是非やってみてください。実は中折れには天敵だったアルコール。しかし仕組みと対策を知った今なら対処は難しくないでしょう。

ですが健康的な勃起力を維持することを最優先するならアルコールは最小限に抑えるのがおすすめです。

カテゴリー
増大コラム

1

1