カテゴリー
増大コラム

精力不足でEDになり勃起力弱い理由

◆EDとは?  EDとは専門的にいえば「性交時にしっかりした勃起が見られないため、または望ましい勃起がキープできないため、満足な性交がすることができない状態」といわれています。バイアグラ等々の一般化により、EDのケアも一般になりましたが、いまだこっそり苦しんでいる人が多い病です。 性働き不全は、おとなの男性の10~15%に相当すると言われており、老化や疾病などによるカラダの起因と、ストレスなどの心理的ファクターの2つに分かれます。どちらの主因となっても、血のめぐりの低下が生じて、性機能不全の状況がし続けると、ゆっくりとペニスの血管が縮まりて筋肉細胞も縮小してしまうというわけです。すると、勃起は一層因難となって、それに加えてメンタル的重荷が重なり、ミスからおそれがもたらされ、あげくの果て性欲も性に関しての好奇心も失くしてしまうことになってきてしまう。 ◆身体的原因  身体的要因としては、さまざまな原因があげられます。1つには、尿道下裂などペニスの変型があります。また、脳卒中や頭部ケガ、脊髄外傷、骨盤臓器の手術後等々の神経系のトラブルが元凶の場合もあります。ペニスの血管の狭窄等によって血流量が減少することが原因と化しているかもしれません。脳下垂体や副腎、睾丸等々のホルモンを生成する臓器の異変でも発生します。 また、避けることのできない因子のひとつに加齢現象があります。精子をつくるメカニズムは30~40歳頃から老化現象が始まり、ホルモンをつくる機能もダウンしてきます。それによって、個人毎に差はありますが、勃起機能や射精力は次第に少なくなるため、勃起力も減衰します。 ◆心理的原因  新婚の際など、性知識が足りていなくて、性交渉をしくじったり、早漏であったりして、それ以後の性交に関して怖いという感情をもってしまい、性的欲望があったとしてもインサート時にしぼんでしまい、思い通りに行かないかも知れません。 インフォメーションいっぱいのこのごろ、不正確な情報にすがってしまったせいで、自分は女の人を充足させられないと信じ込み、自信喪失からEDに陥ってしまった紳士も少なくないのです。また、中間管理職など、圧倒的イライラ感に長い間見舞われると、副交感神経やホルモン分泌に影響力が及び、色欲が押し止められ、性行為なんてあり得るはずもなくとなってしまうこともあります。 ◆EDに効くには  EDの原因がカラダのからあったとしたら、その基本となる疾患のケアをすることが最優先です。手当てとしては、ビタミン剤(B1、B12、E)やホルモン剤を投与いたします。 それのみでもひどくない段階であったならば治りますが、このポイントで勃起リカバリーに結びついていないケースでは、オペ的にペニス海綿体のなかにシリコンを差し込むやり方も存在するのです。 メンタルな原因の場合、神経科で悩みを打ち明けたり、カウンセリングなどをしてもらい快方に向かうケースがありますが、そのきっかけも不明瞭なため、手当ての期間が長いきらいがあるようです。コンプレックスやひとりよがりが理由の可能性も高いので思い悩むことなくに、専門医で診てもらいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です