カテゴリー
増大コラム

チントレの効果はずっと続く?

チントレの効果は一生涯なのだろうか?

 

男性性器を増大させる効果的なやり方として、チントレをお伝えしているが、 この頃はチントレに関して否定的な感想がある人も現れているようだ。 これに関しては、チントレで1回増大がうまく行っても、 チントレをやめてしまったら最初のサイズに元通りになってしまうかもしれないというわけだ。 さしあたってこの問いについて回答しよう。 チントレをあきらめてしまったからといって、 性器最初のサイズに戻ってしまうことはありません! 一回でもチントレで大きなサイズにした男性性器は死ぬまでの財産になるわけだ! からきし危惧する必要はありません! では、なぜこのような内容のクエスチョンがもたらされてしまったのか?

チントレとトレーニングの効果効用が異なるところ

まず、チントレを終了したらペニスがしぼんでしまうと感じているのは、 チントレがトレーニングと似たようなもので、チントレをしている継続期間のみ効き目があると思っている人である。 これは私自らが「チントレはワークアウトと同様のメカニズムだ!」と高らかにアピールしてしまっているので、 私にも間違いなく責務があるかも知れない。 細かい部分までお話しすると、チントレとワークアウトでは増幅時のシステムが異なってくる。 それは、肥大化の相違だ。 まず、筋トレで筋肉がぶっとくなるからくりだ。 筋トレによって筋繊維にプレッシャーがかけられることが原因で、 筋繊維そのものがそのプレッシャーに我慢できるようにぶっとく、強くなっていくことで筋肥大が現れる。 この現象は筋肉の繊維そのものが増しているのではなく、 現在ある筋肉の繊維が一定期間だけぶっとくなっているだけです。 そのため、トレーニングをリタイアして、さほどの筋力が不要になると、 筋肉が細くなってしまうのだ。 ここが筋トレをリタイアしてしまうと、筋肉が元に戻ってしまうシステムだ。 そのように、チントレのペニス増幅プロセスは、筋トレでの筋肥大のメカニズムとは異なるのだ。 チントレのケースでは、そもそもある細胞がデカくなるのではなく、細胞の増殖をターゲットにしているからだ。 チントレで細胞自体に圧力、負荷を与える事によって細胞分裂を促進させていくことで、 細胞そのもののボリュームをアップさせていくことがチントレで性器が増大する重要なメカニズムだ。 もとより海綿体や亀頭は筋肉じゃなくって、 細胞に血が流れて行くことによって勃起という状態が発生しているので、 筋肉と同じ様な物で繊維そのものが力を入れる事で大きくなったりはしないのである。

小っちゃくなる危険性が無いということではありません。

先ほどの内容ではひとたびデカくなったペニスは縮小する事は無いといったが、 リスクが一切ないわけではない。 1つの例として、引っ張ることによって男性性器の長さを引き伸ばしたとしよう。 そういった場合、増大したペニスの長さは、細胞分裂などによって伸張した長さと、 そもそもカラダの中に埋まっていたペニスが引き出された長さの両者になる。 そのうち、カラダの中に入り込んでいたペニスは力ずくで引き出されたモノというわけで、 ペニスを固着させていたじん帯によって身体の内側に引き戻されてしまうこともあり得る。 また、細胞も活用されなければだんだんと劣悪になっていく。 亀頭などの1回大きく育った細胞でも、結局のところ細胞が全く活用されないままであれば、 退化していってしまうことだって考えられるのだ。 そういうわけで、ムダに気にかけすぎる事はないが、 チントレがうまくいったあとになっても一定サイクルでチントレに取り組むようにすべき。 問題はない、伸張するときよりも一定間隔ごとの自己ケアは易しいこと請け合いです。 死ぬまでの相棒であるペニスのお手入れだとイメージすれば愉快になるぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です